朝のニュースを見ていた探索者達は、その内容の一部に違和感を覚える。
"過去一度も、宇宙への有人飛行に成功していない"
そして、あなた方は宇宙から地球を見る。​

「僕は、絶対に生きて地球に帰らなくてはいけないんです」


探索者は、巷で噂の仲良し家族。
誰もが羨む理想の家族関係を築いている。
きっとこれからもこの幸せが続いていくと信じているだろう。

「あなた方のような固い絆で結ばれた家族ならきっと大丈夫でしょう!」


探索者達は、なんやかんやで交通の便が悪く、電波も無い場所で立ち往生する事になる。 たまたま、優しいお兄さんが乗せてくれる事になるのだが、山道で変な声が聞こえてきた。 

「テン ソウ メツ 」 


探索者は半年ほど付き合っているカップルだ。
半年付き合っている二人の内心はどんなものなのか、それは本人しかわからない。
確かめる方法は無いに等しい。命の危機等に陥ればわかるかもしれないが...。


「今日が素敵な日になればいいと、心から思う」